風水 お風呂バスルームのポイント - 色や方角、やってはいけないカラーなど

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日

風水8の送料


風水インテリアで運気アップのコツをまとめたコラムです

★★無料メルマガ★★
「風水インテリアで金運を引き寄せ講座」



風水専門店ショップ8の公式フェイスブック


風水専門店ショップ8の公式ブログ


風水専門店ショップ8の公式メールマガジン


風水専門店ショップ8の無料鑑定キャンペーン

風水専門店ショップ8の送料
 

ホーム » お風呂バスルームのポイント教えます


お風呂バスルームのポイント教えます


お風呂というのは、1日の汚れを洗い流し、マイナスの運気を洗い流す場所です。
風水では、水の流れはお金の流れとつながると言われてて、重要な場所とされています。
最近は、お風呂に入浴せずシャワーで済ませるなどという人も多いかもしれませんが、ぜひ健康のためにも
毎日入浴しましょう。




 


<お風呂の色>

お風呂というのはリラックスする目的の場所です。リラックスする目的の場所なので、白・ベージュなどの暖色系の薄い色がおすすめです。暖かい色は、色彩から温度を感じます。暖かい色から身体を温めることにもつながります。
デザイナーマンションなどのスタイリッシュな部屋の場合には、黒などのモノトーンのお風呂が時々あります。
とてもオシャレなのですが、黒いお風呂バスルームはおすすめできません。毎日疲れを取るために入るお風呂が逆に疲れる環境になっていることになってしまいます。
もし、お風呂の色が黒などのモノトーンで身体の健康があまりすぐれない方、毎日疲れが取れない場合には
最悪お風呂を入れ替えるということも選択肢に入れてもよいと思います。



 

<お風呂の窓>

お風呂は、湿気が溜まりそのままにしておくとカビが生えてしまいます。湿気やカビや邪気そのものです。
湿気が高く、カビを生えさせず清潔に保つためには、乾燥させるために窓を開けるのが一番です。
もし、トイレやお風呂、玄関など窓がない場所もあるかと思いますが、その場合には換気扇が必ず必要です。
窓というのは太陽光の自然光と取り入れ、明るくさせるだけでなく、大事な事は風を入れることです。
湿気イコール邪気です。
湿気がこもらないように保ちましょう。

<お風呂の排水溝>

お風呂は髪の毛がたくさん落ち、どうしても排水溝に溜まってしまいます。汚れが溜まると悪い気が発生してしまいます。
毎日使用した度にと言っても過言ではないくらい、排水溝の髪の毛をとり綺麗にしましょう。
排水溝の汚れは、金運と直結しています。

 

<追い炊き、残り湯を翌日使うはNG>

お風呂は大量の水と電気代・ガス代を使うのでもったいないなと感じ翌日に使うということもあると思いますが、おすすめしません。
人が使ったお湯は、人の老廃物や汚れが含まれ悪い気が含んでいます。時間差で入るなど、仕方のないかもしれません。ただ、翌日に持ち越したり、残り湯を洗濯に使用したりすることもあまりおすすめしません。


 

<お風呂の色々な素材>

天然素材、自然素材がGOOD。
当店でも売れ筋商品、玄関マットは天然素材のコットン綿100%です。
バスマット、バスタオル、バスローブやパジャマなどは素材のよい天然素材の手触り心地のよい
ものを選ぶことをおすすめします。


 

<お風呂の香り>


 
お風呂は、汚れを流す場所で陰の気が強い場所です。そのため、陰陽のバランスを保つためにも、アロマなどを置き、いい香りが漂わせ、お風呂は癒しの効果が倍増され、とてもおすすめです。
また、匂いというのは五感の一つで人は匂いで様々な人の作用もあります。家の運気の入口である玄関も、外から帰ってきた時に、ジャスミンなどのいい香りが匂ったらとても素敵です。
おいしいご飯のお店の匂いに引き寄せられるのと、癒される家に引き寄せられるのと同じです。
好きないい匂いを玄関に漂わせて、素敵なご縁を引き寄せてください。


 

<お風呂の鏡>


 
自分を映し出す鏡は、水垢を綺麗に。
乾拭きでピカピカにしてください。
ビューティー運にもつながります。


 

<お風呂の観葉植物>


 
意外と思われる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、
お風呂にも観葉植物を置くことをおすすめします。
他の部屋より水や湿気が多い場所ですので、おすすめは水気が多いのを嫌う植物は×です

 

<お風呂の中のカミソリ>

お風呂の中には、ボトル類意外にもカミソリが置きっぱなしになっている場合が多々あります。
毎日使う物なので、毎日出ししまいが面倒くさいという気持ちはとてもわかりますが、刃物がついているカミソリなどを出しっぱなしにするのではなく使うたびに持ち込むようにしましょう。


 

<風水のお風呂グッズ>

シャンプーなどのボトルは、買ってきたそのままではなく、
お気に入りの陶器のポットなどに移し替えるのがGOOD。
その場合には、できれば自然素材のもの。陶器のものでキラキラと光るものはとてもおすすめです。
しかし、小さい子供さんがいるご家庭では割れる素材は危険ですね。
その場合には、プラスチックでもキラキラと輝く透明感のあるものがおすすめ。
シャンプーポットはこちら→
自分の気分が上がるセンスの良いおしゃれなものを選びましょう。
ソープボトル・シャンプーボトル・トリートメントのボトルなどが自分のお気に入りのもので統一し揃えられていてていたら、金運もアップします。お風呂には、無駄なものが増えていきがちですが、必要最低限のものでピシッと整えられているととても気持ちがすっきりとします。

シャンプーポットはこちら→

 

<バスタオル・タオル類>

バスタオルやタオル類はいただいた物などもたくさんあると思いますが、できれば色や素材など統一感を持たせたものを揃えることをおすすめします。
黒やグレーなどはスタイリッシュでおしゃれですが、健康運に直結しているのであまりおすすめできません。
白やピンクなど温かみのある暖色系の色で、肌触りの良い上質の物を選びましょう。
また、バスタオルは大きいので、何度か使ってから洗うののではなく、一度使ったらその都度洗濯をしましょう。
 

<バスマット>

お風呂からの水滴が思った以上につき、一度の使用でも多くの水分を含んでいます。
一度つかったバスタオルと同様で、毎日でも洗濯し清潔なものを使うことをおすすめします。
もし、毎日洗濯できない場合には、たくさん水分を含んだ状態で引きっぱなしにしておくのではなく
かけて乾燥させるようにしましょう。

 

<お風呂の時間>

最近は、朝起きてからシャンプーをすることが増え、そのためか夜は入らず朝にシャワーで済ませるという方も多いかとします。ただ、お風呂はその日一日の厄を落とし、汚れやほこりなども落とします。
一日の悪い運気を次の日に持ち込ませて、ベッドにもついてしまうので一日の終わりにしっかりとお風呂にはいりましょう。


 

<お風呂の浴室暖房>

できれば、新築で家を建てる際には浴室暖房の機能を取り入れていただくことをおすすめします。

昔、お風呂は不浄なものとして母屋と別のところに作られていました。
そのために、お風呂から出たたびに外を通らなければいけないと身体が冷え、
それがもっと冷え込む場所だとさらに身体が冷え血圧が激しく上下することによって脳梗塞を起こしたりし現代も多くの人もなくなっています。
そのため、鬼門の水場やお風呂は凶とされていましたが、現代は設備によってカバーすることができます。
浴室に入る前に温めておいて、お風呂から出たら部屋も暖めておくことで、急な血圧上昇を抑えることができます。高齢者の方だけでなく、ぜひつけてください。